2017年5月24日水曜日

西本願寺の国宝「唐門(からもん)」

21日、世界遺産・西本願寺の国宝「唐門(からもん)」の扉が34年ぶりに1日開けられることとなった。来年6月から2022年3月まで修復工事をするのを前に、宗祖・親鸞の誕生日に合わせて特別に開門するという。
国宝・唐門は寺域の南側、北小路通に面した位置にあり、以前は御影堂の前にあったものを元和4年(1618年)に現在地に移建したという。
豪華な彫刻が施されているのが特徴で、見ていると日が暮れるのも忘れるほど美しいとして「日暮らし門」とも呼ばれている。
桃山建築の代表作の一つとされ、高さ8・67m、幅5・37m、奥行き4・4m、檜皮(ひわだ)葺、唐破風(からはふ)造りの四脚門という。
目に飛び込むのは内側を向いた2頭の麒麟(きりん)?。
桃山時代の人達が豪華を連想したであろう獅子や龍、孔雀など、彫刻が原色で装飾されている。
京都の国宝三唐門の一つで秀吉の伏見城から移されたという。
三つの唐門は国宝に指定されている。
豊国神社(とよくにじんじゃ)と大徳寺の唐門である。
開門は午前9時~午後5時で、午後1時までは参拝客も通り抜けられる。次回は未定なだけに貴重な機会であったが間に合わなかった。(5/21撮影)

2017年5月23日火曜日

みやこめっせ 舞妓舞台

21日、14:00から岡崎みやこめっせ「舞妓舞台」を観に行った。観客は舞妓さんを一目観る人たちが多く、立見席が出来るほど超満員であった。
本日のご出演は、宮川町歌舞会のお茶屋・駒屋さんの舞妓さん「千賀明(ちがさや)」ちゃんが招かれた。
千賀明ちゃんは、手拭いをかぶって、「宇治茶」の舞を披露してくれた。
後姿は、だらりの帯。
お着物は京友禅、高価なぽっちり・・・。
五月は藤のカンザシ
先輩、芸舞妓さんの下準備の雑用など、京言葉や舞いの練習し、仕込みさんを習った。
奈良県のご出身で、子どもの頃から舞妓さんに憧れていたと言う。 
今は「楽しくやらさしてもろうてます」、といった。
二曲目の演目は「?」聞きなれない曲だが舞ってくれた。
なお(舞い時間は写真撮影は遠慮する事) 予約不要で座席も自由でどなたでも観覧無料である。(5/21撮影)

2017年5月22日月曜日

上七軒 地方

京都には五つの花街があり、この北野天満宮の東側には上七軒のお茶屋・大文字さんがあり、18日14:00から舞妓さんから地方さんへの勝奈さんの挨拶回りがあった。
北野天満宮にお参りされた後、男衆さんの手引きで新地方さんの「勝奈」さんはご贔屓筋を回った。
男衆さんは、「大文字の勝奈さんが地方さんになりました、今後よろしくお願い申します。」と述べた。
舞妓時代は地毛で結うが、芸妓は鬘(かつら)を被るという地方さんは、髪の毛を気にしながら眠らなくてもよいという。
勝奈さんは「よろしくおたの申します」と述べて丁寧にご挨拶をした。
大文字さんの舞妓の勝奈ちゃんは超売れっ子さんだったが、芸妓はやめて地方になるという。

通行するのもままならぬ狭い路地裏にもご贔屓筋があった。
笑顔が素敵な勝奈さんは上七軒を隈なく廻ったが、タクシーで直ぐでていった。(5/18撮影)