2017年2月22日水曜日

二条城 梅とツバキ

19日、二条城の梅の開花はどうなっているか?地下鉄東西線二条城前に行ったが、全面的な修理で正門の「東大手門」は閉鎖中で北門の入口になり、梅林は西側に位置している。
元離宮二条城は東西約500m南北約400mに塁を築き堀をめぐらすお城である。
いま3分咲きといったところであり、仄かな芳しい香が漂っていた。




慶応3年第15代将軍・徳川慶喜公が大政奉還を決めたという。
赤腰蓑(あかこしみの)と七福神弁天というツバキの花。
紅侘助と赤角倉(あかすのくら)という。
平成6年「世界文化遺産」に登録され、少し早い梅花を愛でた。(2/19撮影)

2017年2月21日火曜日

京都市動物園 カバとフラミンゴ

日本で2番目の京都市動物園はグランドオープン記念イベントととしてゾウ温泉を見て大きなゾウの何気ない姿に感動を覚えた。
動物園のカバはいつも潜っていて余りみることができない・・・。
でも突然巨体を現して周囲の観客が驚いた!
可愛いペンギン。
知名度ではNo1のアジアゾウ、ニシゴリラ、アムールトラ、それにキリン、選んだのはトラだった。
鳥類たちにのフラミンゴの仲間に行った。
餌を啄ばんでいるとよく大きな羽を広げた。

動物人気投票の結果は26日14時15分だという。(2/19撮影)

2017年2月20日月曜日

京都市動物園 ゾウ温泉

19日、左京区岡崎の京都市動物園ではゾウが温泉プールに浸かっている様子の第2回目の「ゾウ温泉」グランドオープン記念イベントを開催した。熱帯動物館のボイラーで沸かした43度のお湯をゾウのプールに入れて14度ほどにした。
午前11時になり、ゾウたちは次々と温水プールに飛び込み、大好物のバナナや柚子を食べたり、お湯を浴びたりして楽しんだ。
動物園のゾウ温泉は2回目であった。
今回はゆず湯のスペシャルバージョンだった。
ゾウは湿度が上がると喜ぶ習性があり、ゾウが温泉プールに浸かり、飼育員がお湯を浴びせるとプールに飛び込む姿も見られ、歓声が上がった。
もっとお湯をかけて・・・とおねだりしているようにも見えた。
飼育員は手渡してビスケットを上げた。
これまではサルがお湯につかる「サル温泉」が人気を呼んでいたが、最近はサルが成長してお湯に入らなくなっていた。
子ゾウ(先頭)は水が苦手なのかプールに入らなかったが、やっと4頭が入った。
真冬でも水浴びするゾウで試してみたところ、温水プールに入ったという。
寒いので温泉?はあったまる!!
明治36年に開園、日本で2番目に歴史のある動物園は、約140種600点の動物を飼育しておる。
あらら・・・、朝風呂で酔ったみたい?
みなさん、こんにちはと挨拶をするゾウさん。
その後は、ゾウさんはプールの水中に潜りダイブし楽しませた。
子ゾウ4頭が群れになってグラウンドで遊んでいる様子や、水遊びをしている様子などを観察できる。
好い按配の湯加減、おっちんし、風に吹かれてキモチが良い・・・。
再整備工事が完了し、2015年11月にグランドオープンした。カバにつづく・・・。(2/19撮影)