2019年3月16日土曜日

祇園甲部 鈴乃ちゃんのお店だし

13日、祇園甲部の置屋・福嶋さんで鈴乃ちゃんの「お店だし」があり行ったが、曇天から雨が降って来た!
男衆さんの手引きで、12:00正装の黒紋付と扇子を持って「鈴乃」ちゃんが現われた。
友引吉日の日にお店出しをする「鈴乃」ちゃんという。
鈴乃ちゃんの「お店だし」で写真撮影をした。
男衆さんと共に正装の黒紋付と扇子を持ち、鈴乃ちゃんは、あいさつに向かった。
鈴乃ちゃんは、お師匠さんに認められて、やっと舞妓さんになれるという。
福嶋さんの鈴乃ちゃん、先輩の舞妓さんに会釈した。
まだ幼さが残る感じだった。
鈴乃ちゃん、「おめでとうさんどす」と声を掛けた。
鈴乃ちゃん、これから5、6年芸妓技芸の向上を誓うという。
福嶋さんの鈴乃ちゃんのお店だしがあったが、今日は上七軒でも「衿替え」があるので、中断だが失礼する!(3/13撮影)

2019年3月15日金曜日

平野神社 モモザクラ

12日、京都御苑でメジロが戯れる‘黒木の梅’を観賞、早咲きで知られる平野神社のモモザクラを見に行った。
春の訪れを告げるかのようにモモザクラが見ごろを迎えている。
別名・唐実桜(カラミザクラ)。
中国原産のバラ科の「モモザクラ」は別名・唐実桜(カラミザクラ)という。
モモザクラは昨年9月の台風21号で2本折れてしまったが、残った3本が台風の被害にめげず美しい花を咲かせている。
境内には、「モモザクラ」の白い花が咲くとお花見のシーズンを迎えるという。(3/12撮影)

京都御苑 梅林

御苑の九條家ゆかりの「黒木の梅」を観賞して“小川の出水”まで行った。 御苑の梅林は約200本の梅の木があり、早咲きから遅咲きまで楽しめる。
御所の小川の出水。
やっと会えたメジロちゃん!
満開になった梅に、メジロは梅の枝を渡り歩いて蜜を啄ばんでいた。
春到来、梅の蜜を吸いに来たので撮ってみた。
八重の梅と一重の梅の花。
一重の梅の花。
八重の梅の花。
咲き分ける「思いのままに…」。
遅咲きの梅の花も咲いて春爛漫の季節がもうすぐそこにやってくる。(3/12撮影)

2019年3月14日木曜日

京都御苑 黒木の梅

12日、京都御苑は九條家ゆかりの「黒木の梅」と呼ばれる一本の遅咲きの梅があり、いま満開であり観賞した。
御苑の黒木の梅は、豪華な八重咲きの紅梅で、枝ぶりも「見事」で威風堂々と梅の花を咲かせていた。
京都御苑の間ノ町口には「閑院宮邸跡」や「九條邸跡」、「拾翠亭、厳島神社」があり、遅咲きの「黒木の梅」がある。
鮮やかピンク色、存在感と色彩は遠くからでも圧倒させられた。
豪華な八重咲きの “黒木の梅”の紅梅。
四つ目垣で囲まれた一際目を惹く“黒木の梅” 豪華な八重咲きの紅梅で、その存在感と色彩は遠くからでも圧倒させられた。(3/12撮影)