2018年12月6日木曜日

顔見世 祇園町御連中 総見

京都の年中行事の一つとされている南座・吉例顔見世興行は12月3日総見を向え、五花街のキレイ処、芸舞妓さんが顔見世を鑑賞する「花街総見」で賑やかになっていた。
南座の歴史は江戸時代初期の慶長年間1596~1615年まで遡るという。
小田本さんの舞妓の佳つ花ちゃんと佳つ春ちゃん、佳つ桃ちゃん、佳つ笑ちゃん。
中支志さんの舞妓の市紘ちゃんと小奈都ちゃん、芸妓の市晴さん。
西村さんの、朋子ちゃんと槇里子ちゃんと美羽子ちゃん。
枡梅さんの舞妓の小花ちゃん。
慶長八年に京市中において出雲阿国かかぶき踊りを披露し衆目を集めたという。
その後、四条河原町界隈は民衆の熱意があふれかえる中、南座は誕生したという。廣島屋さんの舞妓の小衿ちゃん、一人は不明?
ニンベンさんの豆珠ちゃんと豆結ちゃん、芸妓の豆純さん?
師走を彩る歌舞伎公演「吉例顔見世興行」は京都の今日10:00ごろから南座で総見するのは祗園甲部歌舞会連中の皆さんだった。
つる居さんの舞妓のあす佳ちゃんと芸妓の彩矢佳さんと舞妓の美月ちゃん。
女将さんや芸妓さんなどに引き連れられ舞妓さんが南座に入場、晴れやかな笑顔が見られた。
南座前の総見、12月26日が千穐楽であり、先斗町歌舞会の模様をお伝えする。(12/3撮影)

2018年12月5日水曜日

京都薬用植物園「晩秋の特別見学会」

2日、左京区一乗寺にある京都薬用植物園の「晩秋の特別見学会」に行った。昭和8年に京都薬草園として開園以来、某薬品メーカーが薬用植物の栽培研究や遺伝子資源の収集・保存を行なっている。
漢方処方園からスタートし、15,6人が一つのグループとなり係員から説明を聞いた、ナツメと帝王ダリア。
クチナシ(梔子)の実。
ショウガ科のハナミョウガという。
ゴシュユの実、鎮痛作用として用いられる。
メタセコイアの樹木は生きた化石という。
サンシュユ(山茱萸)の実。
京都薬用植物園は民間が行なっているもので年三回(初春・初夏・初秋)の特別公開しかなく、今回は「晩秋の特別見学会(事前予約制)」として公開された。(12/2撮影)

2018年12月4日火曜日

本満寺 妙見宮の御火焚祭

1日、本満寺は一本の見事な枝垂れ桜があり、初夏、美しい牡丹がある。午後1:00から妙見さんの御火焚祭があったので行った。
正式名称は広宣流布山・本願満足寺といって日蓮宗六条門流の本山で、江戸時代には徳川家の祈願所でもあったという由緒ある寺院である。
境内の西側には、妙見宮がお祀りされ、洛陽十二支妙見めぐりと(北北東)、出町の人たちに親しまれている。
御火焚祭をする前に清めの塩をばら蒔き、点火した。
秋の収穫を感謝し、火難よけの祈願をした。
境内には本堂、方丈、鐘楼と山内には法泉院、守玄院、一乗院、實泉院の四院塔頭寺院などが建ち並んでいる。
本満寺の妙見宮の御火焚祭。
観光寺院ではなく、隠れた桜の名所であり、数年前TV紹介されてからはしだれ桜を観賞する人が次々と訪れいる。
御年90歳という老師の法話をあり難く頂き合掌した。(12/1撮影)