2018年6月15日金曜日

みやこメッセ 佳つ花ちゃんの舞妓舞台

10日、午後14:00から岡崎みやこメッセの佳つ花ちゃんの舞妓舞台を観に行った。観客は舞妓さんを一目観る人たちが多く立見席が出来るほど超満員であった。

本日のご出演は、祗園甲部の置屋 小田本さんの舞妓「佳つ花」ちゃんが招かれた。
小田本さんの舞妓「佳つ花」ちゃんは一年前に来ていて2回目の舞台である。
一曲目、演目は「六段くずし」の舞を披露してくれた。
お着物は鮮やかブルー地、流水にアヤメをあしらった手描きの指し友禅であった。
その後、インタビューで舞妓さんになられた成り行きを聞いた。
ご出身は九州の熊本県で、着物が好きで中学の時、舞妓さんに憧れて上洛したという。
仕込みさんを習い、先輩、芸舞妓さんの下準備の雑用など、京言葉や舞いの練習したという。
二曲目の演目は両手に舞扇を持ち「花傘」を舞ってくれた。
小田本さんの佳つ花ちゃんの舞妓舞台 。
舞妓を飾るかんざしは、一軒になったとか・・・。
京鹿の子絞りや帯は西陣織、帯じめなど、伝統工芸職人の技が光る逸品という。
予約不要で座席も自由でどなたでも観覧無料。
なお(舞い時間は写真撮影は遠慮する事)次回は7月16日の(第三日曜日)である。 (6/10撮影)

檀王法林寺 ハスとアジサイ

10日、みやこめっせに行く途中、浄土宗 檀王法林寺付近で美しくハスが咲いているのを見て下車した。
ハスの花は「月ノ兔」で、鉢植えだったが綺麗に咲いていた。
亀山天皇の帰依を受けて「朝陽山」の山号を賜り、文永9年(1272)に悟真寺を三条の地に建立したという。
白色と桃色のタチアオイの花。
境内では、いまアジサイが咲いていた。
上人は元徳2年(1330)88歳で入寂、後醍醐天皇より「広済和尚」の号を与えられたという。
少し変った種類のアジサイもあった!
浄土念仏の教化につとめ、寺域を拡張し寺院の基盤を固めたという。
本堂には、御本尊として阿弥陀如来立像を祀っている。
正式名称を「朝陽山 栴檀王院 無上法林寺」(ちょうようざん せんだんのういん むじょうほうりんじ)といい、望西楼了恵(ぼうせいろうりょうえ)上人(1243-1322)の悟真寺(ごしんじ)創建に始まる。
檀王法林寺 ハスとタチアオイとアジサイの花だった。(6/10撮影)

2018年6月14日木曜日

智積院 アジサイ

9日、真言宗智山派総本山・智積院(ちしゃくいん)にお参りしてアジサイの花を愛でた。
花の周辺にはたくさんの人がいて、美しい花を愛でていた。
当院の金堂右側と裏側にアジサイの花がある。
綺麗に咲くアジサイ、ジメジメする入梅の時季が見ごろ・・・。
アジサイの樹木はたくさん茂っていて、ほぼ満開となっていた。
アジサイ群は微妙に色が変リ七変化するという。

額縁でも収めたいような気がした!
梅雨の季節になると雨が似合うアジサイの花・・・。
アジサイの咲く頃、初夏の花、夏ツバキと桔梗の花が咲いていた。
智積院のアジサイを観賞した。 (6/9撮影)